2010年10月14日

扁桃炎の手術が決まりました…

紹介状を持って、福井の某病院へ…。

手術を決意して行ったので、
迷うことなく、希望通り11月の日程で手術が決まり、
怖いよ〜、がく〜(落胆した顔)イヤだよ〜もうやだ〜(悲しい顔)と思うヒマ無く、
採血、採尿、心電図、レントゲン…と手術前の検査を終えました。

最後に、看護師さんから入院の説明を受け、そこで初めて、
「腰にする麻酔って痛いって聞いたんですけど…」
「カテーテルが痛くて大変って聞いたんですけど…」
「術後って痛いんですよね…」等々…不安を打ち明けました。

実は、ネット上で見た「扁桃腺炎の手術体験」の数々に怯えていた私…ふらふら
なんせ、手術は初心者なもので…もうやだ〜(悲しい顔)

そんな私に、「腰から麻酔しませんよ」
「手術時間が短いので、カテーテルはしません」等々…
ご自分の経験をもとに説明して下さったので、
不安も無くなり、後は手術の前日に入院するだけに…。

さて…これで安心して、11月の手術まで
スケジュール通り、活動が進められますわーい(嬉しい顔)
がんばるぞ〜パンチ
posted by きよこ at 22:13| 日記2010.10〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中型風力発電の会社を見学しました

今日は、福井市にある風力発電の会社、
協同組合プロードに見学に行きました。
(ホームページ参照)

敦賀でもクリーンエナジーファクトリーが、
敦賀市〜今庄間に風力発電を12基、建設する計画でしたが、
風力発電は、森林の大型開発、低周波、騒音、渡り鳥など
課題がたくさんあり、敦賀の環境審議会などでも問題になって、
現在、建設はストップされています。

原発も大型の風力発電もそれぞれ問題があるけど、
「協同組合プロードの小型の風力は、
低周波や騒音、渡り鳥の問題などは無く実用的」
と、お聞きしたので、見学に行ってきたのですが…
かつて私たち日本共産党議員団が、議会で設置予算に反対した
モニュメント型の風力発電の会社だったとは…
驚きましたがく〜(落胆した顔)
20101013-3.jpg←東浦公民館の横のモニュメント

でも…
「自然エネルギーを、市民の癒やし、安らぎのために利用したい!」
「大企業が出来ないこと、自分たちにしか出来ないことをやろう!」
そんな熱い思いで、中小企業のみなさんが協同組合をつくり、
試行錯誤を繰り返しながら頑張っているお話をお聞きし、
地元の中小企業への支援について深く考えさせられましたふらふら

残念ながら、東浦公民館の横のモニュメントは、
大型トラックが行き交う国道沿いの公民館の隅に建ち、
闇夜に小さな光りで浮かび上がりますが、民家が少なく、
ほとんど誰も見ていません。

今後、まちづくりの中で、市民に役立つ、喜ばれる利用の仕方を
考えていけたら…と思います。
posted by きよこ at 01:00| 議会、議員活動2010.10〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする