2016年05月04日

講演「子どもの居場所とこども食堂」


4日、プラザ萬象で「子どもの居場所とこども食堂」

についての講演会がありました。


講師は滋賀で社会福祉士をされている幸重忠孝氏。


    🌕      🌕     🌕 


不登校、いじめ、授業についていけない…など

気になる子どもがいるが、周りが気づかないだけで、

子どもたちは大変な家庭で育っている。


ダブルワーク、トリプルワークしている1人親家庭の

子どもは、学校から帰ると、親代わりとなって小さな

弟妹の世話をするため宿題、プールの準備などできず

学校で「だらしのない子」として、叱られている。


子どもには、子どもらしく生きる場所が必要。


そこで、2010年に夜の子どもの居場所作りを始めた。


子ども2、3人にボランティア数人が食卓を囲み、

家庭で過ごすように話しをしたり、食事をする。


いつも宿題せず、先生に怒られてばかりの子どもが、

宿題をして先生にほめら、自己肯定感がうまれる。


長く続けるためには特別でなく誰でもできる活動、

そして、行政の支援が必要。


滋賀県では、介護施設を使って、「フリースペース」

をし、子ども食堂も、県内20数カ所で実施している。


などなど…。

  
     🌕      🌕     🌕


たいへん感銘を受けました。


子ども食堂を自ら立ち上げ実践し、今回の講演会まで

された主催者さんには、心から敬服いたします。


私にできることは何か?考え、敦賀市に支援を求める

など…実践していきたいと思いました。


IMG_20160414_0001.jpg
posted by きよこ at 23:00| 福井 ☁| 日記2015.09〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする