2016年09月17日

電力自由化と原発


17日は、原発住民運動福井・嶺南センター主催の講演

会「電力自由化と原発」でした。


講師は、鯖江出身の大島堅一立命館大学教授。


大島教授は、「送電網の運用が公平・中立か」「料金を

通じて公平・中立を保ち、競争が行われるか」等々、

従来の電力事業者が有利になる仕掛けを指摘しました。


日本では原発の発電を優先する「先着優先」があり、

電気が余ると再生可能エネルギーに出力抑制が強いられ

る等の問題が再エネの普及の妨げる、と批判。


再生可能エネルギーは、燃料費が不要で、発電施設を建

設したら抑制するのはもったいない、使えば料金引き下

げにつながり経済的と強調。


原子力を保護したうえでの電力自由化は、リスクやコス

トが国民にどんどん転嫁される、ときびしく批判しまし

た。


なお、学習会の後、嶺南センターの総会を開催し、役員

体制も新しくなりました。


心機一転がんばります💨


IMG_2814.JPG

posted by きよこ at 23:59| 福井 ☁| 原発関連2013.6.30〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学習会「電力自由化と原発」


ぜひ、ご参加下さい。


原発自由化学習会2016.jpg
posted by きよこ at 00:58| 福井 ☁| 原発関連2013.6.30〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする