2011年09月21日

敦賀短大等調査特別委員会

今日(21日)、敦賀短大調査特別委員会が開催され、敦賀病院の米島病院長からお話をお聞きしました。

敦賀病院の看護師不足について説明された後、「敦賀看護専門学校の受験者が減少している」「今のタイミングでないと4年制大学はつくれない」「この機会に、4年制大学を目指すのがベター」と話されましたが、「ベターでありベストでは無い」その理由として、「敦賀の学生でないと敦賀の病院に就職しない」「4年制大学になるとよそからの学生が多く集まるが、地元でないので敦賀に残らない」「つなぎ止めておくには、返還できないぐらいの高い奨学金が必要」等々お聞きすると、残念ながら、敦賀市が5億円出して4年制大学を作り、運営のために毎年3億円も負担しなければならない必要性は感じられませんでした。

実は、これまで、敦賀看護専門学校の受験者数は減少しバッド(下向き矢印)平成21年度は1.6倍でしたが、平成22年度は2.4倍で増えていますグッド(上向き矢印)

特別委員会で調査をすればするほど、看護専門学校のままで敦賀短大跡へ移転した方が良いように思えてなりません。
posted by きよこ at 23:25| 議会、議員活動2010.10〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする