2012年04月30日

再稼働を許さない運動に全国から支援の輪

昨日(28日)は、朝から初夏並みの天気晴れの中、2時間半かけて、原発と活断層の問題のビラ(福井民主新聞号外)をポスティングしました。

午後は、医療生協の嶺南ブロックの地区別総代会、夕方から後援会訪問。

今日(29日)は、朝から一日、おおい町の「再稼働許さない共同センター」へ。

20120429.jpg

27日から始まった住民との対話に、今日は遠くは和歌山、奈良から、そして京都、大阪、福井などからも支援に駆けつけて下さいました。

対話の中で、ほとんどの住民が26日の住民説明会に不満を持ち、再稼働は拙速だと感じていること、家族や親戚が原発で働いているが、原発は無くなったほうがいい、という住民が多いことなどが分かりました。

参加された県外の方からは、「原発がある地域で住むみなさんの複雑な思いがよくわかった」等の感想が出されていました。

この対話行動は、6日まで続けるとのこと…。

熱い連休になりそうですたらーっ(汗)

2011-7-6108.pdf
posted by きよこ at 00:27| 原発関連2010.10〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする