2012年07月18日

福井県へ申し入れ

昨日(17日)、関西電力大飯原発敷地内の破砕帯が活断層の可能性があると指摘されている問題で、経済産業省原子力安全・保安院は7月17日、専門家による意見聴取会を開きました。

その中で、「活断層ではない」とする関電の説明に対し、多くの委員からは「信用に足る証拠が示されていない」「再調査すべきだ」との意見が相次ぎました。

そのため、保安院は「専門家の意見として極めて重い。しっかり受け止めて、対応方針を決めたい」と述べざるを得ませんでした。

そこで、急きょ、18日、日本共産党として申し入れを行い、「大飯原発の運転中止」「4号機の再稼働反対」「破砕帯の徹底した調査」を求めました。

対応した原子力安全対策課の課長は「くつがえす事実ではない」と、運転を中止するほどのことではないとの見解を示しました。

福井県は県民を守る立場でないちっ(怒った顔)ダッシュ(走り出すさま)と、改めて憤りを感じました。

20120718.jpg
posted by きよこ at 23:45| 原発関連2010.10〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする