2014年02月18日

議員説明会でたくさんの説明がありました

17日は9時半から次々と2時過ぎまで議員説明会がありました。

企画政策部からは、「赤レンガ倉庫整備計画について」と「敦賀市立看護大学の中期目標、運営、授業料等について」。

教育委員会からは、「市立博物館建物修復工事の現況について」。

市立敦賀病院からは、「病院の食中毒について」と「第2次市立敦賀病院中期経営計画について」。

総務部からは「庁舎耐震改修検討結果について」と「中期財政計画について」。

P1030831.jpg

赤レンガ倉庫…11億円かけて耐震補強工事やジオラマ館、レストラン設置など行います。

博物館を国の重要指定文化財にしてもらうために約5億かけて修復工事することには「文化」「歴史」の伝承など必要性を感じますが、赤レンガ倉庫を観光施設として改修し集客云々、経済波及効果云々については安易に思えてなりません。

公立大学の費用が当初の計画より約5000万円も負担が増え、軌道に乗っても毎年約3億5000万円を敦賀市が負担することと同じで「甘い」ダッシュ(走り出すさま)

また、敦賀病院が地方公営企業法の「一部適用」から「全部適用」にするとの説明にビックリどんっ(衝撃)

「全部適用」になると、職員給与や労働条件などが敦賀市と切り離されます。

独立採算が強く求められるため、コスト削減で正規が減らされ非正規が増えたり、給与が減らされたり…こうした労働条件の悪化が患者に影響しないとは言い切れません。

そのため、これまで「敦賀病院での全適は難しい」との市立病院側の説明だったのですが…ここに来ていよいよexclamation&question

市役所の耐震化についても、「結局、新しく建て替えるの?」と思えるような説明だったし…どれだけ財政が厳しくて福祉予算を削減し、民間委託などで人件費を削減しても、箱物行政は健全exclamationって思える説明会でした。

さぁ〜〜〜ダッシュ(走り出すさま) 議会で追及しなくちゃダッシュ(走り出すさま)
posted by きよこ at 00:43| 議会、議員活動2013.06〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする