2017年06月28日

大阪へ…

議会が終わって、夜の町内の役員会を終え、大阪へ。

一ヶ月ぶりに父の見舞いに行ってきました。

昨年9月にくも膜下出血で倒れ、二ヶ月後の3回目の手術で意識が回復したものの、その後、様態が悪化し、今は最後の抗生物質で、これが効かなくなったら最期…と言われたのが4月。

その後も父は、病院のベッドで寝たきりで、自分で身体を動かすことも会話もできないし、熱が上がったり下がったりですが、がんばってくれています。


今年2月に父方の祖母が100才になったお祝いを平戸市からいただき、市長や親族一同で記念写真を撮ったそうで、弟が先週、平戸に帰った際、写真をもらって来てくれました。

その写真をiPadminiで撮り、うっすら目をあけた父に、祖母の顔を大きく拡大して見せると…

父は目を見開き、うるうる…何か言いたげに口をもぐもぐ…

あぁ、ちゃんとわかってるんや〜と嬉しくなりました。

19424151_1393494914076847_4819710093190088693_n.jpg


毎日かかさずバスを乗り継いで病院へお見舞いに行く母の負担を少しでも減らせたら…と、車であちこち連れて行ってあげました。

最初は、お父さんが退院してきても大丈夫なように…と、カーペットを変えたりいろいろ準備をしていましたが、さすがに母も覚悟したようで…家族葬の説明会があるとのことで葬儀社へ。

父は頑張ってるのに、何やってるんだろ〜私…と、到着して涙が出てしばらくとまりませんでした。

それにしても…家族葬とは言え、安いとは限らない!

白を基調とした結婚式場のようなゴージャスな内装と高額な費用に、さすがに涙も止まりげんなり…💧

堺市には火葬場と併設した格安の市立の斎場があることを知り、一安心…


さて、母の友人が亡くなられ、母と一緒にお通夜にも参列してきました。

父が倒れて入院する前は、カラダの不自由な父をカラオケに連れ出してくれたり、父が入院した後は、母を心配して毎日のように遊びにきてくれて、一緒に買い物に行ったりしていたのに…

ガンで闘病中で覚悟していたとは言え、残念で悲しくて…涙、涙…

父のことも、友人のことも重なって、ガックリきているはずなのに、気丈にふるまう母をこれからも支えてあげなくては❗と痛感。


大阪の実家まで、行きは夜中で、下道でノンストップで約4時間。

帰りはお昼すぎに出たので道路が混み合い、堺市から京都まで高速をつかい、京都からは下道で、休憩もしたので約4時間半。

車のメーターが381000キロを超えました。

腰も痛いし辛いですが、後悔の無いよう愛車フィットと一緒に頑張ります!

めざせ40万キロ!?


posted by きよこ at 23:00| 福井 ☁| 日記2015.09〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする