2017年04月18日

16日〜18日、大阪へ

16日、京都へ会議で行き、そのまま足を伸ばし、父が入院している大阪の病院へ。

寝ているのか、目を閉じていましたが、「お父さん!」と声をかけるとうっすら目を開けました。

返事はありませんが、孫の動画を見せたりして一方的にお話ししている間、ずっと目を開けてくれていました。

その後、実家へ。

母は明るく振るふるまってましたが…回復の見込みは無い、生きているのが不思議なんて医者から言われ、母も覚悟を決めている様子。

布団を並べて夜遅くまでおしゃべりしました。

17日、父がベランダで育てていたブドウに新芽が出て、リンゴ花も咲いていたので写真にとって見せてあげました。

IMG_5232.JPG

IMG_5234.JPG

18日、帰る間際、「お父さん、敦賀に帰るからね」と声をかけると、それまで反応が無かった父の肩が、ピクッと揺れてビックリ。

父は元トラックの運転手でプロだったこともあり、いつも私の運転を「怖い」「危ない」と心配していました。

私「大丈夫、安全運転で帰るからね!」と…

お父さんの前で泣いたらあかんと思いながら…涙💦


父を通して、医療制度の現状を身をもって知ることができました。

9月下旬にくも膜下出血で倒れ、3回目の手術で11月下旬に意識が戻り、12月に回復期病棟へ移され、リハビリ中心の生活。

「トイレに行きたい」と言っても、「おむつにしてください」と言われ、トイレはリハビリの時間に1日1回。

「しんどいから寝かせて欲しい」と言っても、4時間も5時間も車イスの上。

食事を飲み込むことが難しくなっているのに、「全部食べなあかんよ」と口に押し込まれてゲェゲェ…。

どんどん食が細くなり、体力を無くし、あげくインフルエンザにかかり、意識もうろう…。

2月中旬、「ここでは内科的治療はできないから療養型病床の病院へ」と言われ、移った先の病院で「栄養失調」と診断され、点滴で栄養を摂ることになり今に至る…。

なぜ、前の病院では栄養失調になる前に点滴してくれなかったの?

病院関係者に聞いたところによると、回復期病棟では点滴はできないらしい…。

ということは病院でなく、医療制度の問題…💨

医療費削減のためナントカ病床、ナントカ病棟とか分けられ、保険点数の中での限られた治療しか受けられず、せっかく手術で助かったのに、みるみるうちに弱っていった父…。

これがもし天皇だったたら、保険点数とかナントカ病床とか関係なく、命を救い治すための最善の最高の治療が受けられるだろうに…

悲しいけど…とりあえず今は、母や私たち家族みんなのために1日でも長く生きて欲しい…祈るのみです。

posted by きよこ at 22:00| 福井 ☁| 日記2015.09〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

高浜原発の再稼働に反対して…

高浜原発の再稼働がいつか…わかりませんが…

じ〜っと、指を加えて見ていることはできない💨と、様々な運動団体のみなさんと連帯して、集会やリレーデモをすることになりました。

そこで、打ち合わせのため、16日、京都へ。

時間もないし大変ですが、がんばらなくちゃ〜💨



4月27日 午後4時30分 関電本社前 「高浜原発うごかすな!関電包囲全国集会」、デモ

5月7日 午後12時 高浜町文化会館 「高浜原発うごかすな集会」、デモ

5月8日〜12日 高浜町〜福井市 リレーデモ&自治体申し入れ

5月12日 午後6時 福井市中央公園 「高浜原発動かすな!福井集会」デモ

posted by きよこ at 20:00| 福井 ☁| 原発関連2013.6.30〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

核兵器の無い世界へ…

福井で、原水協の学習会と総会、国民平和大行進実行委員会の総会がありました。

敦賀の実行委員長として参加しました。

学習会は、中央の原水協の川田忠明さん。

とてもユーモアたっぷりに、核兵器廃絶の歴史、国連会議で核兵器禁止条約にむけて大きな一歩を歩みだしたことをわかりやすく話されました。

署名を6月までにたくさん集めなきゃ〜ψ(`∇´)ψ


   ☆   ☆   ☆


3月に国連で開催された会議の正式な名称は…

「核兵器全面廃絶につながる、核兵器を禁止する法的拘束力のある協定について交渉する国連会議」

これは、核保有国が参加できるように、との配慮によるもの。

今回の第1会期(3月27日から31日)に核保有国は参加しなかったが(日本も=3)、条約案を5月後半から6月1日にまとめ、第2会期を6月15日から7月7日まで開催し、討議し、採択し、調印、批准、発効へと進められる。

核兵器廃絶への道に一歩、ふみだした歴史的な会議。

これまで、国連で核兵器に関する条例がいくつか作られたが、それは、核兵器があることを前提とした条約だった。

今回の「核兵器禁止条約」は、核兵器を初めて悪いものとして禁止するもので、この条約によって、核兵器が人類史上、初めて違法化される。

また、今回の会議は、市民社会が初めて正式な構成員として同じフロアーで参加し、貢献した。

←ちなみに、市民社会とは政府から自立した市民組織だそうで、国際組織の専門家(国際赤十字、法律家、科学者など)、原水協や被団協、新婦人も参加し、日本共産党の志位委員長も発言しました!

さて、アメリカはこの法律を恐れ、同盟国に対し、会議に参加しないよう求める文書を出した。

残念ながら、日本はそれに従った。

しかし、100カ国以上が参加した。

ここまでの歴史を振り返ると・・・


1950年、原子兵器の絶対禁止、厳格な国際管理の確立を要求する「ストックホルム・アピール」署名 世界で5億人

1954年、「水爆禁止のための署名」 国内で3200万人

1955年、第一回原水爆禁止大会開催

1978年、国連軍縮特別総会にむけた「国連に核兵器完全禁止を要請する署名」 国内1869万人

1985年、「核兵器全面禁止・廃絶のためにーヒロシマ・ナガサキからのアピール」署名 国内6000万人超

2003年、「いま、核兵器の廃絶を」署名

2005年のNPT再検討会議に初の国際署名1854万を提出

2008年、「核兵器のない世界を」国際署名  

2010年のNPT再検討会議に2170万の国際署名を提出

2011年、「核兵器全面禁止のアピール」国際署名 

2015年のNPT再検討会議に1433万の国際署名を提出



被爆者をはじめとする日本の粘り強い働きかけによって、核兵器がいかに非人道的か認識が広がり、核兵器廃絶の声が世界に広がった。

2005年から2015年のNPT再検討会議に5457万筆の国際署名を提出したことが今の力になっている。

2016年から始まった「被爆者が訴える核兵器廃絶の国際署名」は、すみやかな核兵器廃絶を願い、核兵器を禁止し廃絶する条約を結ぶことを、すべての国に求めるもの。

今、アメリカとロシアでは1800発もの核兵器が、「高度警戒態勢(警戒即発射)」の状態であり、人為的ミスで間違いがおきてもおかしくない状態。

実際、起こりかけたこともある。

もし、世界の核兵器のわずか0.7%の100発が使用されれば、地球では気候変動がおき、11億4000万人が栄養失調となり、10年間で20億人が餓死する。

終末時計は滅亡まで2分30秒をさしており、これは、1953年の2分に次ぐもの。

北朝鮮の問題で安倍首相は「トランプ大統領と親密な関係をしっかりとつくり…それしか私は選択肢はないと思っています」と。

軍事による抑止力でおどしても、引っ込まず、逆にひどくなるのが北朝鮮。


2016年

1月6日 北朝鮮 核実験

3月7日〜31日 米韓合同軍事演習。斬首作戦

3月18日 北朝鮮 弾道ミサイル(ノドン)発射

6月27日〜7月14日 米韓海兵隊合同訓練。北朝鮮の主要施設を破壊する訓練

7月13日〜18日 在日米軍のパトリオット部隊が在韓米軍部隊と対北ミサイル防衛訓練

7月19日 北朝鮮 ノドンとスカッドを発射

8月3日 北朝鮮 ノドン発射

9月9日 北朝鮮 核実験

9月30日〜 米韓海兵隊合同訓練

10月10日〜15日 米韓合同演習

2017年

2月12日 北朝鮮 弾道ミサイル発射

3月6日 北朝鮮 弾道ミサイル4連射

4月5日 北朝鮮 弾道ミサイル発射失敗?



軍事対軍事でなく、外交的解決に徹することこそ必要。

核抑止力維持では説得力はない。

核兵器のない世界の実現に本気で取り組む禁止条約は、北朝鮮への有効な手段。

アメリカで退役将校121人「危機の多くは、軍事的手段だけでは解決出来ない」と立ち上がった。

1月ワシントンで女性行進が行われ、6月にもニューヨークと世界各地で核兵器禁止女性行動が行われるなど、世界で運動が広がっている。

17862019_1322574004502272_5219450534026574967_n.jpg
posted by きよこ at 23:00| 福井 ☁| 日記2015.09〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする